トップページ医療設備のご案内 内視鏡センター

医療設備のご案内

内視鏡センター

医療法人菊郷会  札幌センチュリー病院  内視鏡センター
苦痛の少ない内視鏡検査
内視鏡センター長挨拶
消化管内視鏡検査は〝こわい・痛い〟といったイメージを持たれる方は多いと思います。
当院では、胃の内視鏡検査を鼻腔から極細径のスコープで行い、また大腸の内視鏡検査では、「鎮静剤」や「鎮痛剤」を積極的かつ安全に使用することにより、それぞれの苦痛軽減に努めております。
検査を行う医師は、内視鏡指導施設である当院の熟練したスタッフ、あるいは北海道大学から出張されている経験豊富な専門医ですので、安心してお受けいただけます。
昨年度、消化管粘膜のミクロ構造の観察を可能としたBlue LASER imaging 機能をもつ内視鏡スコープを導入し、胃がんなどの悪性疾患の診断精度をより高めました。
また、カプセル内視鏡検査も行っており、胃や大腸に比べ、より深部にある小腸病変の診断を可能としています。
治療内視鏡では、早期がんに対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術) を積極的に行っています。
今後も最新・最先端の機器で、「安心・安全」な医療を提供してまいります。

医療法人菊郷会  札幌センチュリー病院
葛西 健二


河上純彦

センター長

* 日本内科学会 認定内科医
* 日本消化器病学会 専門医
* 日本医学放射線学会 専門医
苦痛の少ない内視鏡検査
当院内視鏡センターでは、経験を積んだ内視鏡指導医、専門医が卓越した技術経験で、苦痛の少ない内視鏡検査を実施しています。

学会施設認定

日本消化器内視鏡学会指導施設の証
  • 日本消化器内視鏡学会指導施設
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器病学会指導施設
担当医

○上部・下部消化管内視鏡検査担当医

河上  純彦 院長
日本消化器内視鏡学会指導医、日本消化器病学会指導医
葛西  健二 副院長・内視鏡センター長
消化器内科部長、日本消化器病学会専門医
町田 卓郎 肝胆膵・消化器病センター長
消化器内科部長
日本消化器内視鏡学会指導医
小川  亮 内科部長、日本消化器内視鏡学会専門医
中井 正人 北海道大学病院消化器内科
須田 剛生 北海道大学病院消化器内科
加藤 新 北海道大学病院消化器内科
川岸 直樹 北海道大学病院消化器内科
一般的な検査の他にこんな検査・治療も

上部消化管内視鏡検査 ・下部消化管内視鏡検査、治療

上部消化管


  • 病変の一部を採取し組織を顕微鏡で診断する(生検)
  • 内視鏡を用いてポリープ粘膜などの切除
  • 経口で栄養摂取できない患者様に「胃瘻造設 (PEG)」
    PEGによる経腸栄養は、患者様に目覚ましい機能回復をもたらします。

下部消化管


  • 病変の一部を採取し組織を顕微鏡で診断する(生検)
  • 大腸ポリープや粘膜又は粘膜下層へ僅かに広がっている早期がんを、内視鏡を使って切除します。

ご希望により以下の検査方法が可能です
  • 経口 (口からの内視鏡検査) で眠らずに検査
  • 経口で眠っている間に検査
  • 経鼻(鼻からの内視鏡検査) で眠らずに検査
  • 経鼻で眠っている間に検査

○胃内視鏡検査の苦痛は、

①カメラがのどの奥を通るときに起きる咽頭反射
②胃の中をカメラが動くことによる異物感などです。
軽い麻酔を使い咽頭反射と異物感を無くすれば、楽に検査が受けられます。

カプセル内視鏡
カプセル内視鏡

当院では平成22年12月より「カプセル内視鏡検査」を導入致しました。
「カプセル内視鏡検査」 は、ビタミン剤とほぼ同じサイズのカプセルを口から飲み込み、消化管を通過しながら十二指腸・空腸・回腸からなる小腸全体(約6m)を撮影し、その画像をもとに小腸の診断が行われます。
カプセルには、CMOSやCCDで構成されたカメラ及び無線装置が内蔵され、蠕動運動によって移動しながら1秒間に2コマづつ腸内を撮影します。
8時間かけて約55,000枚の静止画像を撮影し、記録装置に転送します。カプセルは排便時に体外に排出されます。


カプセル内視鏡検査の流れ


○検査前日

  • 消化のよい食事を午後9時までにとり、その後の食事はお控え下さい。飲水は可能です。
  • 喫煙はカプセルを飲む24時間前からできません。

○検査当日

  • 来院後、500mlの下剤と250mlのお水を飲んでいただきます。
  • アンテナを腹部に貼付し、記録装置をベルトで腰につけます。
  • カプセル内視鏡を少量の水で飲み込みます。
    その後は職場に・ご家庭にお戻りいただけます。

○検査中の食事制限について

検査中の食事制限

保険適用について

カプセル内視鏡検査は、いままで内視鏡検査で難しかった小腸の疾患の発見に威力を発揮します。
小腸疾患を診るために画像診断が必要と医師が判断した場合、保険適用となります(3割負担で約3万円)
自費による検査も可。