トップページ病院紹介 臨床工学科

病院紹介

臨床工学科

臨床工学技士とは・・・
医師の指示のもとに、生命維持管理装置の操作及び保守点検を院内で行うことを業とする国家資格のことです。
病院内では、MEまたはCEと言われています。

生命維持装置とは、人間の呼吸・循環・代謝の機能の一部を代替又は補助することが目的とされている装置のことです。

主な業務内容

[ 血液浄化療法業務 ]

当院の主となる業務の一つであり、透析センターに専属の臨床工学技士を配属し、看護師と共に患者さまの観察や準備を行い、使用する透析機器の管理や透析液の水質管理を行っています。
また、急性期血液浄化療法・アフェレシス療法に関しては、当科がメインとなり治療を行っています。

[ 高気圧酸素治療業務 ]

主に当院の入院患者さまが、脳梗塞などの高気圧酸素治療適応疾患を患った場合に、医師の指示のもとで臨床工学技士が装置の操作を行います。

[ ME機器管理業務 ]

使用頻度の高い医療機器を安全かつ適正に使用できるよう、1カ所の部屋に集中して管理します。
各病棟が使用したい機器の貸し出し・返却を医療機器中央管理室のみで行い、専属の臨床工学技士が毎日病棟へ使用状態の確認に出向き、誤った使用方法をしていれば指導を行っています。
当院では現在、輸液ポンプ・シリンジポンプ・人工呼吸器・低圧持続吸引器などの医療機器を管理しています。
また、各医療メーカー認定講習会受講者が多く在籍しているため、医療機器トラブルの殆んどを院内で解決することができます。

[ 手術室業務 ]

2012年より専属の臨床工学技士を配置して、手術中の医療機器の操作・介助や手術前後の医療機器の保守点検を行っています。
また、中央材料滅菌業務を看護師と行ったりしています。

[ 内視鏡検査業務 ]

2012年より専属の女性臨床工学技士を配置し、検査介助や機器の保守点検を行っています。