トップページ外来のご案内 外科

外来のご案内

外科

外科からのお知らせ(最新10件表示)
診療カレンダー

○月曜日~金曜日の外来担当医・休診案内

診 療 科
外  科 午  前 永渕 平野 荒谷 永渕 永渕
午  後 手術日 手術日 坂本(尚) 手術日 手術日

○土曜日の外来担当医・休診案内

診 療 科 第1土曜日 第2土曜日 第3土曜日 第4土曜日 第5土曜日
外  科 午  前 荒谷 永渕 永渕 荒谷 荒谷


当科は北海道大学病院消化器外科Ⅱ(旧:第二外科)と密接な連携をもっており、質の高い、エビデンスに基づいた医療を実践しています。火曜日には北海道大学消化器外科Ⅱ 平野聡教授の外来診療があります。

診療内容
 当科では、消化器(食道、胃、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓、虫垂炎、腸閉塞、痔疾患など)、呼吸器(肺、縦隔)、甲状腺、乳腺、腹壁(ヘルニアなど)、血管疾患(閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤)などの、良性及び悪性(がん)の外科的疾患の手術を中心に、化学療法、緩和医療を行っています。

 手術に関しては、体にやさしい内鏡視手術を積極的に取り入れています。体に小さな穴を数ヶ所あけカメラや手術器具を挿入し、カメラモニターで体内の様子を見ながら手術をします。開腹・開胸手術よりも負担が少ない手術です。当科の内鏡視手術は胃切除術、胃全摘術、胆嚢摘出術、結腸切除術、直腸切除術、虫垂切除術、肺切除術、乳腺手術、ソケイヘルニア根治術などに行っています。

 化学療法(抗がん剤等の点滴療法)に関しては、乳がんの術前・術後化学療法、胃がん、大腸がんの術後補助化学療法(再発予防の化学療法)を主に行っています。ガイドラインに基づいた薬物治療を行っています。薬剤注射にあたっては、「中心静脈持続注入用埋めこみ型カテーテル」を用いて安全に治療します。

 緩和医療に関しては、がんが進行し治療が困難になっても、医療用モルヒネなどで痛みの治療を行い、なるべく楽に過ごせるように治療します。

 血管疾患に対しては閉塞性動脈硬化症に対するステント治療、バイパス術や下肢静脈瘤に対する大伏在静脈抜去術、静脈瘤切除術などを行っています。

 ソケイヘルニアに対しては内視鏡手術を行っています。一泊二日の入院で治療が可能です。

 乳腺疾患に対しては乳腺専門医が診療しています。マンモグラフィーは女性技師が撮影しエコーは乳腺専門医が行います。詳細は乳腺センターのページを御覧下さい。