トップページ職員募集案内

 

 

看護部の紹介

職員募集案内

看護部の紹介

札幌センチュリー病院の看護 ~ とことん看護 ~
ベットサイドポジショニング実地研修会患者様にお仕えする医療の実践。
特に褥瘡管理では、日本でも第一人者としてご活躍の大浦武彦先生のご指導のもとに、最新の知識と技術で「褥瘡ゼロ」の看護を目指しております。
その成果は患者様やご家族の笑顔になり、看護師の喜びとなつています。
教育・支援体制の充実
院内研修風景ベテラン看護師さんでも、新しい職場でのお仕事は大変です。
ましてや経験の浅い看護師さん、ブランクのある方、新卒の方などの戸惑い・不安は大変なものです。
当院では、希望する勤務形態を聞き、指導・訓練をしっかり行い、不安なく勤められるようサポートしています。
各部署ごとの業務マニュアル、各委員会の研修会、安全で安心して働くための業務研究会(医療事故・感染予防・医療機器研修等々)、環境づくりに病院挙げて取り組んでいます。
看護師専用保育園:24時間体制  ピッコロ保育園
院内研修風景看護職員が安心して「看護」に専念できるよう、すぐ近くに24時間体制の保育所を開設しています。
≫詳細はこちら
行事・地域貢献

○「看護の日」のイベント

「看護の日」のイベント

「看護の日」は、クリミヤ戦争の戦地で献身的な看護で〝白衣の天使〟と敬愛されたナイチンゲールの生誕を記念 して毎年開催しております。
札幌センチュリー病院が「地域の皆様の病院」として〝看護〟を身近に感じてもらい、知って頂く 絶好の機会として全力で取り組んでおります。
健康測定や栄養指導、実演コーナー、唄あり、踊りありの盛沢山の催しものいっぱいです。

(写真:上)毎年「看護の日」にはチビッコ天使が大活躍
(写真:中)慰問
(写真:下)看護部混声合唱団


○小・中・高生の職業体験学習の受け入れ

小・中・高生の職業体験学習の受け入れ

将来に無限の可能性を秘めた生徒さんに、医療現場を体験して頂き、患者様への優しさ、労りの心の大切さを学んで頂いております。


看護部目標

○看護部方針

・どのフロアでも一定の質の高い継続的看護を提供します。
・看護の専門知識と技術をもって患者様と家族にお仕えします。
・全てにおいて患者様の目線に立ち、傾聴します。
・チーム医療で患者様の健康回復に全力で取り組みます。
・自己の看護行為と結果に責任をもちます。
・当院の看護の志が継承されるように後輩を育てます。
・常に向上心をもって新しいことにチャレンジします。
・院内にいる方は全てお客さまだと思い接遇に心がけます。

○看護部目標

・患者様に満足してもらえる看護をする。
・エビデンスに基づき、安全な看護を実践する。
・看護の立場で病院運営に積極的に参画する。
・やりがい感がもてる職場風土を目指す。


○平成28年度 看護部目標

1. 看護学生を受け入れる体制・準備をする
2. 目的と情報を共有し、チーム医療のキーパーソンとして患者さま・ご家族が求める看護を実現させる
3. マニュアルを活用し浸透させ、質の高い看護を提供する

○平成28年度看護部各部署の目標

  • 【外来 年間目標】
    1. マニュアルの活用と看護術の向上
    2. 思いやりと連携の看護を展開する
    3. 患者記録への取り組み
  • 【中材・手術室 年間目標】
    <手術室>
    1. 記録用紙の完成 (各麻酔別)
    2. 術後訪問用紙の充実
    3. 手術手技マニュアルの改訂
    4. 褥瘡予防を目的とした体位固定法を確立
    5. 研究発表
    <中央材料室>
    1. 器材の洗浄チェック
    2. 期限切れの再滅菌物の管理
  • 【透析室 年間目標】
    1. マニュアルの浸透とインシデントの軽減を図る
    2. 情報の共有による統一した医療の提供
  • 【3階病棟 年間目標】
    1. 接遇の向上に努める
    2. チームカンファレンスの充実を図る
    3. マニュアルの周知と徹底を図る
  • 【4階病棟 年間目標】
    1. 受け持ち患者さまとの関わりから、チームで統一した看護を提供する
    2. マニュアルの周知からインシデント・アクシデントが減少し業務改善ができる
    3. 病棟の特色である透析療法・ケアに関し、スキルアップを図る
  • 【5階病棟 年間目標】
    1. 患者さまの情報共有を行い継続看護を提供する

○平成28年度 各部門 年間目標

  • 【医療安全管理対策委員会 年間目標】
    1. インシデント・アクシデント・クレーム報告用紙の見直し
    2. 医療安全管理マニュアルの周知と改善

    <転倒・転落防止対策小委員会>
    1. 転倒・転落事故における分析・対策が周知できる
    2. 事例からのフィードバック・再発防止対策の働きかけを行い、安全への意識を高める
    3. 他部署との連携を強化し、情報・対策の質を向上させ事故減に取り組む
    <薬剤小委員会>
    1. 全病棟において内服薬の運用 / 投薬ルールの統一化を図る
    2. 声だし指差し確認の徹底
    3. 頻回に発生している事例の分析と対策を随時行う (通年目標)
    <指示漏れ防止対策小委員会>
    1. 指示漏れ防止対策小委員会に報告されるインシデント・アクシデントを分析し対策を立て、減少させる
    (平成24年度に特に多く報告された「採血・投薬忘れ」「検査項目・伝票のミス」のインシデント・アクシデントを減少させる)
    2. 「指示漏れ防止対策小委員会」に関わる手順を確認し、マニュアルを整備する
  • 【院内感染予防対策委員会】
    1. マニュアルの周知と徹底
    2. ICTラウンドの確立

    <サーベイランス小委員会>
    1. サーベイランスのデータの管理と活用
    2. マニュアルの実施と評価
    <針刺し防止対策小委員会>
    1. 針刺し事故を4件以下にする
    * すぐに針を捨てられる環境づくりの確認( 毎週針刺し委員が環境チェック・記録する )
    * 針刺し事故の起きるパターンの情報提供( 毎朝の呼びかけ、処置を見かけたときに声をかける )
    * 手順の統一の確認、手順を省略しない呼びかけを定期的に行う
    <広報・手洗い小委員会>
    1. シーズン前にポスター掲示を行い感染予防に努める
    2. ウィルステラの使用状況を分析し、適正使用を啓蒙する
    3. 感染ゴミの廃棄方法をマニュアルに則って行うよう周知する( オムツカートを含む )
    <マニュアル小委員会>
    1. マニュアルの周知と実施の徹底
    2. マニュアルの見直し、改訂
  • 【看護記録委員会 年間目標】
    1. 看護部 ( 臨床工学技士も含む ) 全体の記録の質向上を目指す
    2. 院内看護記録の統一を図る
    3. 継続看護がスムーズに行われるための記録物の見直し
  • 【嚥下障害対策委員会 年間目標】
    1. 摂食機能評価のマニュアルの運用と実施の評価を行う
    2. 胃廔トラブルのデータ管理 ( 問題点の抽出と対策を検討する )
  • 【褥瘡対策チーム 年間目標】
    1. 褥瘡対策チームとしての活動の定着
  • 【看護部教育実行委員会 年間目標】
    1. 看護研究を成功させる
    2. 看護実践能力の指標を活用する
    3. 新人・中途採用者指導要綱・チェックリストを使用し評価する
    4. 院内研修の充実を図り、参加率を向上させる