トップページ医療設備のご案内 乳腺センター

医療設備のご案内

乳腺センター

医療法人菊郷会  札幌センチュリー病院  乳腺センター
○ 乳房再建用エキスパンダー実施施設認定
○ 乳房再建用インプラント実施施設認定

乳腺センター
乳腺外科外来開始 
より小さな傷で そして再建まで。一貫した癌治療

平成26年10月より、乳腺センターを開設致しました。 乳がんは年々増加する傾向にあります。
この度、日本外科学会指導医、日本乳癌学会専門医、検診マンモグラフィ読影認定医をはじめ、
数々の指導医、資格、認定を取得し、長年外科医として乳がんの検査・治療・予防に実績を重ね
てきた小西和哉医師が外科部長・乳腺センター長として就任いたしました。



* 医学博士
* 日本外科学会指導医
* 日本消化器学会外科学会指導医
* 日本消化器病学会専門医
* 日本乳癌学会専門医
* 日本がん治療認定医機構認定医
* 検診マンモグラフィ読影認定医
平成4年3月 北海道大学医学部卒業
平成4年6月 市立釧路総合病院外科
平成5年6月 岩見沢労災病院外科
平成6年6月 美唄労災病院外科
平成7年6月 北大病院勤務
平成11年4月 函館中央病院外科
平成15年12月 北大病院勤務
平成16年4月 市立釧路総合病院外科部長
平成21年4月 NTT東日本札幌病院外科部長
平成26年10月 札幌センチュリー病院外科部長
  乳腺センター長 現在に至る

最新のマンモグラフィ導入

現在日本女性で最も多いがんは乳がんで、年々増えています。当院では、最新式の乳房撮影専用X線診断装置(マンモグラフィ)を導入しました。
撮影は認定を受けた女性放射線技師が行います。


定期検診

( 超音波検査 )
定期健診では、専門医が複数の検査・診察により
異常の有無、良性・悪性の診断をいたします。

「視・触診」
  乳房の形、皮膚、乳頭に異常がないか
  目で見て、触れて確認します。

マンモグラフィ
  触診では見つからないようなごく小さなしこりや
  悪性の可能性が高い、微細な石灰化を
  発見するのに有効な検査です。

超音波検査
  乳房に超音波を当てて、その反射波で
  しこりの存在と内部の様子を確認します。

視・触診、マンモグラフィ、超音波検査で疑わしい所見が出たときは
細胞診や病理組織検査(針生検)で診断を確定します

乳がん検診無料クーポン券

札幌市に住民登録されている女性で、対象年齢の方には「乳がん検診無料クーポン券」が送付されます。クーポン券がお手元に届いた方は、無料で検診を受けることができます.
◇ 札幌市乳がん検診 ◇
40歳以上で
偶数歳の方
40歳以上50歳未満 1,800円 マンモ2方向
50歳以上 1,400円 マンモ1方向
◇ 協会けんぽ・生活習慣病予防健診 ◇ 協会けんぽ加入者
一般健診を受ける方で、
40歳以上の偶数年齢の女性
1,655円 マンモ2方向
1,066円 マンモ1方向
より小さな傷で : 内視鏡下手術

腫瘍の状態にもよりますが、〝小さな傷〟の内視鏡下手術を積極的に行っています。

乳房そのものには傷が残らないように、腋(わき)から内視鏡を用いて乳腺切除を行います。

① 手術開始時にエコーで切除すべき範囲を確認します。当院の乳がん患者さんの場合、
   検診で発見された触知しない乳がんが多いので、必ずエコーで確認しています。
② 乳腺は皮膚と大胸筋に囲まれています。 内視鏡で見ながら切除する乳腺周囲の
   皮膚、大胸筋を剥離します。
③ エコーで確認していた範囲の乳腺を切除します。
④ 切除した周囲の乳腺脂肪組織を縫合して、乳腺欠損部を補填します。

[

乳房再建手術 : 形成外科との連携

乳房再建は患者さんにとって、大きな意味を持っています。当院では、形成外科と連携し、乳房再建手術に取り組んでいます。

一貫した癌治療

抗癌剤による治療を化学療法といいます。
乳がんは他の部位のがんと比べて抗癌剤がよく効くのが特徴です。当院には化学療法室が完備されています。

乳腺外科外来診療のご案内
 
午前 小西(和)
受付11時まで
小西(和)
受付11時まで
小西(和)
受付11時まで
小西(和)
受付11時まで
小西(和)
受付11時まで
第1 休診
第2 小西(和)
第3 休診
第4 小西(和)
第5 休診
午後 手術日 手術日 愛育病院で
診療
手術日 手術日  

※初診であっても電話予約は可能です。

乳腺外科の受付時間 午前 8:15 ~ 11:00

 

お問い合わせ電話番号
011-871-1121